なるべくスムーズに離婚するための秘訣

離婚調停とは家庭裁判所での話し合い

離婚について、夫婦の話し合いだけで合意に至らない場合、次のステップとしては調停ということになります。調停とは家庭裁判所で行われる話し合いのことです。離婚は家庭内紛争ですので、いきなり裁判を起こすことはできず、まずは調停で話し合わなければなりません。夫婦の片方が行方不明など、明らかに調停で話し合いができないことが分かっているような場合には、例外的にいきなり裁判を起こすことができますが、このようなケースは稀で、まずは調停での話し合いをしなければなりません。裁判所というとなんとなく大袈裟な感じがするかもしれませんが、それほど大層に考えることはありません。あくまでも話し合いの場ですので、無理矢理離婚させられることもなければ、慰謝料や財産分与で納得できない条件をのまされることもありません。内容に納得できなければ不成立になります。

調停では全申し立て件数のおよそ半数の離婚が成立します。残りの半数の中には、夫婦仲直りして取り下げるケースもありますので、残りの半数がすべて裁判に移行するわけではありません。つまり相当高い確率で離婚が成立します。話し合いで解決しそうにない時は、是非気負いなく申し立てると良いでしょう。実は私自身も調停離婚をしております。調停委員は男性の弁護士が一人、年配の女性が一人でした。互いの言い分を聞いてアドバイスをしてくれるのですが、私の時もおかげで無事に成立しました。また一度不成立になった後、再度時間をおいて申し立てることも可能です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017なるべくスムーズに離婚するための秘訣.All rights reserved.